年齢と共に低下する肌の保湿力の高め方をご紹介しています!
ネットで売れ筋の保湿クリームリスト!口コミと評判付き

30代、40代…年齢と共に低下する肌の保湿力の高め方

年齢を重ねるとお肌には何が起こるの?

みなさんは普段、肌にどのようなケアをしているでしょうか?

20代の頃は特に意識していなかったけれど、30代、40代になってくると肌のシワや染みがだんだんと気になり出してくるものです。これは「加齢老化」と呼ばれるもので、年齢を重ねると人間が持っている自然治癒力自己回復力といった根本力が衰えるために起こる現象です。

加齢老化によって引き起こされる根本力の衰えはコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンが生成しにくくなり、ターンオーバーも遅くなっていきます。ターンオーバーは肌の新陳代謝、生まれ変わりのこと。通常は28日で一周期といわれていますが、加齢によって新陳代謝が低下するとターンオーバーの周期が55日にまで延びてしまうのです。さらに加齢によって肌のバリア機能も低下していくため、外部からの刺激に弱くなり、ターンオーバーの周期をもっと短くしてしまうこともあります。

こうしたターンオーバーの乱れが起きればそれだけ肌の状態を良く保つことが難しくなっていくのです。

肌のセラミドが急激に減り始める30代の保湿力の高め方

それでは実際にどんなケアをしていったら良いのか、年代別に見ていきましょう。

まず、30代は肌の新陳代謝が低下し始める時期です。リンパ管などの細胞組織の劣化によって肌の状態を保つことが難しくなっていきます。乾燥肌を意識し始める女性も30歳頃からが多いようです。

特にセラミドグリセリンといった保湿と深い関係のある成分が減少することで肌は乾燥しやすくなっていきます。そうなると20代のときよりも季節の変化や体調に肌が敏感に反応するようになり、刺激にも弱くなってしまいます。

そのため、スキンケアはセラミドグリセリンのような高い保湿力を持つ成分がたっぷり含まれたアイテムを使うようにしましょう。肌の状態を保つためには普段から保湿を意識しておくことが大切です。

女性ホルモンの減少からハリや弾力がなくなる40代の保湿力の高め方

30代では肌が乾燥しやすくなると書きましたが、40代になると肌の状態の変化はもっと顕著になります。その要因が女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の分泌量の減少です。エストロゲンは女性らしさのもととなるホルモンで、これが減少すると肌の弾力や透明感が失われてしまいます

この状態を改善するためには化粧品で肌の保湿力を補う必要があります。特に保湿に重要な役割を果たすコラーゲンは欠かせませんし、肌の潤いと弾力を取り戻してくれるマゴジャクシ菌糸体培養エキス液もおすすめです。(→マゴジャクシ菌糸体培養エキス液とは?

加齢老化は年を取る以上止めることはできませんが、保湿ケアをすることで肌の保湿力を補うことはできます。年齢だからと諦めず、毎日の保湿から変えていきましょう。

30代40代におすすめの保湿クリームBEST3
総合評価第1位
ウフドール モイスチャーリフトGクリーム アルファリゾート

オーガニックグリセリン、加水分解ヒアルロン酸、水溶性グルコシルセラミドの3つの有効成分が圧倒的な浸透力、保湿力を実現。

総合評価第2位
あきゅらいず 秀くりーむ リゾバ.com

東洋ハーブを収集し日本人の肌に合うように配合して誕生した「草根木皮たまりエキス」がコラーゲンの保湿機能をサポート。

総合評価第3位
ドモホルンリンクル クリーム20 ネバーランド

肌荒れを防ぐ「長白参エキス」が、こだわりのこだわり浸透型コラーゲンの力を後押しし、ふっくら柔らかな肌へ導いてくれる。

ページのトップへ