乾燥肌の人の保湿クリームの正しい選び方についてご紹介しています!
ネットで売れ筋の保湿クリームリスト!口コミと評判付き

乾燥肌の人の保湿クリームの正しい選び方

保湿クリームの役割

私のように乾燥肌で悩んでいる人にとって、真っ先に意識に上がるのは保湿ですよね。きちんと保湿ケアができていれば肌が乾燥することもないはずなのに、いくら化粧水や美容液を使っても乾燥肌が改善されない・・・なんて経験を私もたくさんしてきました。

肌のメカニズムを知る!保湿と保水のバランスで若々しい肌に」でも説明したように、肌の保湿は角質層が担っています。そのうち細胞間脂質が80%、天然保湿因子(NMF)が18%、皮脂が2%の水分を保持しているということもお話ししましたね。ここで保たれている水分が足りなくなれば肌は乾燥してしまうため、スキンケアでは保湿成分を角質層まで届けてあげることが大切になってきます。

保湿クリームに求められているのはまさに保湿成分を含んでいることと、しっかりと角質層まで浸透させる力なのです。

保湿クリームの選び方①皮脂の働きを補う

皮脂は角質層でも2%だけですが、水分の蒸発を防いてくれるので保湿には欠かせない存在です。

主に皮脂の働きを助ける成分として挙げられるのはワセリンです。ワセリンは肌への刺激が少なく、角質層に浸透しにくい性質があります。そのため、皮膚をカバーして保湿力を強化してくれます。肌が乾燥していたり、敏感になっているときに使用するのがおすすめです。

ただ、付けすぎはかえって肌を乾燥させることがあるので、少量を薄く塗るようにしましょう。

保湿クリームの選び方②細胞間脂質の働きを補う

角質層の水分の80%を占める細胞間脂質の半分はセラミドでできています。セラミドは保湿力が非常に高いため、保湿クリームを選ぶ際はセラミドをはじめとした保湿成分がしっかりと含まれているものを選び、角質層の水分を補うようにしましょう。

セラミド以外の保湿成分としては、スフィンゴ脂質(スフィンゴリピッド)、ステアリン酸コレステロールなどが挙げられます。これらは角質層の中にある脂質との親和性が高いため、水分保持を助けてくれます。また、水素添加大豆レシチンやリピジュアⓇが入った保湿クリームも高い保湿効果が見込めます。

スキンケアや生活習慣を見直すことも忘れずに

保湿クリームを見直して保湿成分をたっぷり肌に取り入れることはもちろん大切なことです。しかし、それだけでは根本的な肌質改善をすることは難しいのです。

私がずっと乾燥肌と敏感肌に悩まされてきたのは朝夜のスキンケアの意識の甘さに大きな原因がありました。「朝・夜の正しい洗顔方法!ちょっとしたひと手間で肌質が変わります」でも紹介したように、状況に応じた対策が必要になってきます。

また、食事や生活習慣でも乾燥しやすい肌になることがあります。睡眠不足はその最たるもので、ほかにも入浴や部屋の湿度調整など、少しずつでも変えていくことで乾燥肌は徐々に改善されていきます。日々の生活の見直しも含めて肌の保湿を行っていきましょう。

乾燥肌の人におすすめ!保湿力が高いクリームBEST3
総合評価第1位
ウフドール モイスチャーリフトGクリーム アルファリゾート

オーガニックグリセリン、加水分解ヒアルロン酸、水溶性グルコシルセラミドの3つの有効成分が圧倒的な浸透力、保湿力を実現。

総合評価第2位
あきゅらいず 秀くりーむ リゾバ.com

東洋ハーブを収集し日本人の肌に合うように配合して誕生した「草根木皮たまりエキス」がコラーゲンの保湿機能をサポート。

総合評価第3位
ドモホルンリンクル クリーム20 ネバーランド

肌荒れを防ぐ「長白参エキス」が、こだわりのこだわり浸透型コラーゲンの力を後押しし、ふっくら柔らかな肌へ導いてくれる。

ページのトップへ