お風呂の時間にできる乾燥肌対策についてご紹介しています!
ネットで売れ筋の保湿クリームリスト!口コミと評判付き

お風呂の時間にできる乾燥肌対策

入浴中のクレンジングの方法

家に帰るとまずクレンジングと洗顔をしてさっぱりすることが好きな人や、入浴前にクレンジングをした方が毛穴の汚れが落ちると考えている人も多いですよね。でも、クレンジングや洗顔をしてから入浴すると肌が乾燥しやすいと言われているのをご存じでしょうか。

ゆったり長めのバスタイムを過ごす人は、特にクレンジングを入浴前にすることは避けた方がよいようです。なぜなら、クレンジングを最初に行うと、その後の入浴時間中の肌は無防備なままで水分が蒸発していきやすい状態になってしまうからです。

クレンジングのタイミングとしておすすめなのは、お風呂から上がるときです。身体が温まり十分に毛穴が開いた状態になっているので、汚れも落ちやすくなりますし、クレンジングの後すぐに肌のお手入れに移行できます。部位によって異なりますが、素肌は30秒~3分以内に水分を補給しないと乾燥してしまうと言われていますので、クレンジング後はすぐに保湿ケアをしましょう。

お風呂前にクレンジングする場合はしっかり保湿を!

クレンジングを入浴の最後に行うことが肌によいとわかっていても、帰宅したらなるべく早くメイクを落としたくなったりしますよね。また、オイルクレンジングといった素肌が乾いている状態で使うものを利用している人は、お風呂に入る前にクレンジングをする方が楽だと感じることもあると思います。

どうしてもクレンジングを先にしたい人は、入浴前のクレンジング後に保湿タイプの化粧水で水分をしっかり補給してから入浴するようにしましょう。入浴後は肌に化粧水が浸透しやすい状態になっていますので、もう1度化粧水や保湿クリームといった基礎化粧品でケアすることがおすすめです。毛穴の開きが気になる人は、入浴前は潤いタイプの化粧水を使って、入浴後は引き締めタイプの化粧水を使うといったように2種類の化粧水を使い分ける方法もあります。

簡単にできる入浴中の保湿パック

入浴中に効果的なパックと入浴前や入浴後の方が効果的なパックがあります。それぞれ環境やそのときの肌の状態に合わせて作られていますので、例えば室内で使うタイプのものをお風呂で使うと効果が半減してしまいます。

入浴中におすすめのパックは、洗い流すタイプのものです。クレイパックや、クリームまたはオイルのパックをつけて湯船につかり、肌表面に浮かんだ汚れをお風呂でかいた汗と一緒に洗い流すと毛穴汚れをしっかり落とすことができます。ただし、濡れた肌で使えるものとそうでないものがありますので、事前に確認してから使ってみてください。

市販のパックやスキンケアアイテム以外にも、身近な材料を使ってパックをする方法もあります。例えば、食品である蜂蜜をパックに使うことができます。口に入れるものなので、肌への刺激も少なく挑戦しやすいのがメリットですが、敏感肌の人はいきなり顔につけるのではなく二の腕やデコルテなどで試してみましょう。それ以外には、普段使っている保湿クリームをパック代わりに使うこともできます。こちらはすでに肌になじむことがわかっているものなので安心して使えますね。クリームパックについてはクリームパックで保湿力抜群!その方法を伝授でご説明していますので、参考にしてみてください。

朝の保湿にも夜のスキンケアにもおすすめのクリームBEST3
総合評価第1位
ウフドール モイスチャーリフトGクリーム アルファリゾート

オーガニックグリセリン、加水分解ヒアルロン酸、水溶性グルコシルセラミドの3つの有効成分が圧倒的な浸透力、保湿力を実現。

総合評価第2位
あきゅらいず 秀くりーむ リゾバ.com

東洋ハーブを収集し日本人の肌に合うように配合して誕生した「草根木皮たまりエキス」がコラーゲンの保湿機能をサポート。

総合評価第3位
ドモホルンリンクル クリーム20 ネバーランド

肌荒れを防ぐ「長白参エキス」が、こだわりのこだわり浸透型コラーゲンの力を後押しし、ふっくら柔らかな肌へ導いてくれる。

ページのトップへ