クリームパックで保湿力抜群!その方法についてご紹介しています!
ネットで売れ筋の保湿クリームリスト!口コミと評判付き

クリームパックで保湿力抜群!その方法を伝授

クリームパックとは

クリームパックは、普段使っているクリームを使ってよりしっかりと肌に潤いを与えることの出来るパック方法です。同じクリームでも塗るだけの場合より肌がもっちりと潤いたっぷりに仕上がります。

このクリームパックは、保湿効果が高いだけでなく、そのクリームに配合されている有効成分がより肌に浸透しやすくなるため、それぞれの効果がアップすることも期待できます。例えば、保湿効果が高まることで乾燥によるシワにも効果的であるほか、美白成分が入っているクリームでパックすると、化粧水の後につける場合と比べて美白効果が高まります。日焼けをしてしまったときに、肌の状態が落ち着いてから、美白成分の入ったクリームでパックをすると日焼けによるシミやくすみの防止にもなります。

パックは1回で使うクリームの量が多いので、定期的にクリームパックをしたい人は普段使っているクリームとは別にパック用に少しリーズナブルなクリームを用意しておくといいですね。

具体的なパックの方法

基本的なクリームパックの方法にプラスして色々な工夫をすることで、よりパックの効果を高めることが出来ます。まず、基本的なクリームパックの方法をご説明します。

基本のクリームパック

  • クレンジングと洗顔を済ませた後、基礎化粧品で肌を整える
  • クリームをたっぷり顔に乗せる(特に、シワの気になる部分は厚めに塗りましょう)
  • 10~15分ほど置いてから優しく拭き取る

クリームパックにプラスしておすすめしたいのが、「クリームを乗せた後にラップで覆うようにする」方法です。ラップで覆うと、水分が蒸発しにくくなりパックの成分が逃げることなく肌に染みこんでいきます。

また「入浴中のクリームパック」もおすすめです。入浴時に洗顔をしてから肌を軽く拭いてパックをします。普段お手入れが行き届きにくいデコルテ部分も出来るのが嬉しいですね。入浴中にパックした後の肌は十分潤っていますが、普段通りのスキンケアもしっかり行って乾燥を防ぐようにしましょう。

クリームパックの注意点

クリームパックで肌の調子が良くなったからと言って、頻繁にしすぎることがないように気をつけてください。

クリームパックが乾燥肌に効果があるのは、そのクリームに含まれている保湿成分以外に油分の効果があります。ということは、毎日のようにしてしまうと油分を必要以上に肌へ入れていくことになってしまいます。適切な頻度は1週間に1回程度だと言われていますが、個人差がありますので肌の様子を見ながら行うようにしてください。

また、紫外線から肌を守るUVカット機能があるクリームはパックには不向きです。紫外線防止剤は肌に負担をかけやすく肌の奥まで浸透させるのはよくありません。ので、パックをする前に手持ちのクリームの成分表示に紫外線防止効果が謳われていないかどうか確認するようにしましょう。

朝の保湿にも夜のスキンケアにもおすすめのクリームBEST3
総合評価第1位
ウフドール モイスチャーリフトGクリーム アルファリゾート

オーガニックグリセリン、加水分解ヒアルロン酸、水溶性グルコシルセラミドの3つの有効成分が圧倒的な浸透力、保湿力を実現。

総合評価第2位
あきゅらいず 秀くりーむ リゾバ.com

東洋ハーブを収集し日本人の肌に合うように配合して誕生した「草根木皮たまりエキス」がコラーゲンの保湿機能をサポート。

総合評価第3位
ドモホルンリンクル クリーム20 ネバーランド

肌荒れを防ぐ「長白参エキス」が、こだわりのこだわり浸透型コラーゲンの力を後押しし、ふっくら柔らかな肌へ導いてくれる。

ページのトップへ