保湿成分セラミドの肌への効果についてご紹介しています!
ネットで売れ筋の保湿クリームリスト!口コミと評判付き

肌のバリア機能を高める!グルコシルセラミドの効果は?

グルコシルセラミドとは?

あまり耳に馴染みのない「グルコシルセラミド」という成分、みなさんはご存知ですか?

化粧品やサプリメントの成分表示を見るとグルコシルセラミドが含まれていることがあるのですが、自分が使っている製品に含まれているなら一体どんな成分でどんな働きをするのかは知っておきたいですよね。

グルコシルセラミドとはスフィンゴ糖脂質の一種であり、セラミドとグルコースが結合したものを指します。小麦やトウモロコシ、大豆などに含まれています。

セラミド、といえば「肌のメカニズムを知る!保湿と保水のバランスで若々しい肌に」でも取り上げたように、肌の角質層にも存在して保湿を担ってくれていますよね。実はグルコシルセラミドはこの肌の内部にあるセラミドを作り出す際に必要となるのです。

セラミドはもともとはパルミチン酸とブドウ糖によって合成されます。しかし肌のターンオーバーによってグルコシルセラミドとスフィンゴミエリンに分解蓄積されてしまうのです。このとき、一度分解された成分がセラミドに戻るためにグルコシルセラミドが必要となります。つまり、肌の保湿をしっかりと行うためにはセラミドの元となるグルコシルセラミドが欠かせないんです。

グルコシルセラミドの働き

グルコシルセラミドには上でも触れた肌の保湿効果のほかにも、肌のバリア機能を強化する力があります。肌のバリア機能が高まればアトピー性皮膚炎や皮膚の老化抑制もすることができるので、美肌の強い味方といえますね。

グルコシルセラミドの働きをまとめると、以下のようになります。

肌の保湿効果

セラミドが角質細胞同士をつなげる役割を果たしていることも「肌のメカニズムを知る!保湿と保水のバランスで若々しい肌に」で説明しましたね。これによって細胞内の保水機能を向上させたり、水分の蒸発を抑えることができます。

アトピー性皮膚炎の症状緩和

アトピー性皮膚炎ではセラミドの合成で異常が起こっています。そのためにセラミドが不足し、肌のバリア機能が正常に働かなくなってしまいます。そこで、グルコシルセラミドを摂取してセラミドを補ってバリア機能を元に戻すことで、アトピー性皮膚炎の症状を緩和させる効果が期待できます。

肌の老化抑制

肌の老化には様々な要因がありますが、酸化反応や酵素も老化現象を引き起こす理由のひとつです。グルコシルセラミドには保湿効果のほかに抗酸化作用や酵素抑制作用、細胞増殖活性化といった力もあるので、老化を遅らせるアンチエイジングの効果も見込めるんです。

グルコシルセラミドの摂り方

これほど多くの効果を持ったグルコシルセラミド、是非積極的に摂取していきたいものですよね。ですが食品に含まれるグルコシルセラミドを十分な量摂取しようとすると、かなり大変な思いをすることになります。

グルコシルセラミドは1日に600マイクログラム必要といわれていて、これは白米なら茶碗に25杯分です。さすがにこんな量を食べるのは男性でもなかなか難しいのではないでしょうか・・・。

もっと手軽にグルコシルセラミドを摂取する方法としてはサプリメントや化粧品があります。サプリメントなら1日に1~2マイクログラムを毎日飲み続けることで効果が期待できるそうです。私の場合、美容成分同士の相乗効果を期待してグルコシルセラミドが含まれている化粧品を使っています。特にナノ化されたグルコシルセラミドは肌への浸透力が強いのでおすすめですよ。

グルコシルセラミド配合の保湿クリームやセラミド高配合のクリームをご紹介!
総合評価第1位
ウフドール モイスチャーリフトGクリーム アルファリゾート

オーガニックグリセリン、加水分解ヒアルロン酸、水溶性グルコシルセラミドの3つの有効成分が圧倒的な浸透力、保湿力を実現。

総合評価第2位
あきゅらいず 秀くりーむ リゾバ.com

東洋ハーブを収集し日本人の肌に合うように配合して誕生した「草根木皮たまりエキス」がコラーゲンの保湿機能をサポート。

総合評価第3位
ドモホルンリンクル クリーム20 ネバーランド

肌荒れを防ぐ「長白参エキス」が、こだわりのこだわり浸透型コラーゲンの力を後押しし、ふっくら柔らかな肌へ導いてくれる。

ページのトップへ