保湿成分グリセリンの肌への効果についてご紹介しています!
ネットで売れ筋の保湿クリームリスト!口コミと評判付き

圧倒的な保湿成分グリセリン!肌への効果は?

グリセリンとは?

様々な化粧品に含まれている「グリセリン」、みなさんも成分表示で目にしたことがあると思います。

私は最初グリセリンと聞いても「なんとなく美容に良さそう」くらいの意識しかありませんでした。ところがよくよく調べてみると、グリセリンには驚きの効果や裏話がたくさんあったんです!ここではグリセリンの秘密についてお話ししていきますね。

まず、グリセリンはグリセロール(glycerol)とも呼ばれるアルコールの一種です。海藻や動物などに含まれていて、人間の体内にも中性脂肪として存在しています。無色透明の水溶性液体で粘性を持ち、においがありません。その一番の特徴である高い吸湿力から、化粧品では保湿のために含まれていることが多いです。

グリセリンの種類として合成と天然のものがありますが、化粧品に使われているのはほとんどがヤシ油やパーム油を原料とした天然グリセリンです。化粧品のほかにも、利尿薬や脳圧降下薬、浣腸薬、目薬などに使用されている安全性の高い成分です。また、甘味があることから甘味料として使われることもあります。化粧品に留まらず、多様な分野で活用されている成分なのですね。

一方で、グリセリンはノーベル賞の生みの親、アルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel)とも深い関わりを持つ成分でもあります。ノーベルは「ダイナマイトの父」と呼ばれるダイナマイト発明者で、アスカニオ・ソブレロ(Ascanio Sobrero)の発明したニトログリセリンをもとにダイナマイトを作り出しました。戦争のイメージが強いダイナマイトですが、工事現場での使用など、人の生活を便利にする上で非常に役立ちました。

とはいえグリセリンそのものに毒性はありません。可燃性を持っていることから消防法によって危険物第4類(引火性液体)の第3石油類に指定されてはいるものの、誤った使い方をしなければ危険はないですし、手作り化粧品には市販販売されているグリセリンが欠かせないものとして知られています。

グリセリンの働き

グリセリンの働きには、主に次のようなものが挙げられます。

保湿・肌荒れ改善効果

グリセリンが化粧品に用いられることが多いのはその高い保湿力からです。強い吸湿性があるため、保湿効果に加えて角質層に潤いを与え肌荒れを改善することも期待できます。また、上でも書いたようにグリセリンは水溶性であることに加え、粘性を持っています。濃度が高くなればべたつくので、皮脂が足りない人にとっては非常に助かる成分です。

さらにヒアルロン酸との相性が非常に良く、グリセリンとヒアルロン酸両方の成分を含む化粧品を選ぶとより高い保湿効果が得られるでしょう。

血管の拡張による狭心症予防効果

狭心症は血管の内側が狭くなって心筋に十分な血流・酸素が送り込めない場合に起こります。グリセリンには血管拡張の作用があるので、狭心症予防に役立ちます。

便秘解消

グリセリンは浣腸薬にも含まれています。グリセリンを含んだ浣腸薬を肛門から直接入れることで、グリセリンの持つ吸湿性を利用して水を吸引し、排便を促します。

尿分泌促進

グリセリンは腎臓でろ過されても再吸収されず、化学的変化を受けません。この性質によって水やナトリウムの再吸収が抑制されるため、尿の分泌が促されます。

敏感肌の味方「オーガニックグリセリン」

こでみなさんにご紹介したいのが「オーガニックグリセリン」です。

オーガニックという言葉は最近よく耳にしますよね。オーガニック化粧品には農薬や化学肥料を使わずに有機栽培された植物を用いているという特徴があります。そのため、厳しい環境を生き抜いた植物の力が美容成分としてぎっしり詰め込められているんです。

オーガニックグリセリンとは、植物由来で作られた天然グリセリンのこと。特にパーム油(オイル)由来のグリセリンはヤシ油よりも泡の持続性が高いため、肌に対する刺激が少ないといわれています。混同されがちなヤシ油は原料がココナッツですが、パーム油の原料はアブラヤシ(オイルパーム)なので実際には全く異なるものです。

肌への刺激が少ないというのは、敏感肌や乾燥肌、アレルギーによる肌荒れの人にとっては非常に嬉しいことですよね。植物由来ということで高い効果を見込めるのはもちろんのこと、長期間使い続ける化粧品だからこそ信頼できる成分を選ぶようにしましょう。

オーガニックグリセリン配合の保湿クリームやグリセリン高配合のクリームをご紹介!
総合評価第1位
ウフドール モイスチャーリフトGクリーム アルファリゾート

オーガニックグリセリン、加水分解ヒアルロン酸、水溶性グルコシルセラミドの3つの有効成分が圧倒的な浸透力、保湿力を実現。

総合評価第2位
あきゅらいず 秀くりーむ リゾバ.com

東洋ハーブを収集し日本人の肌に合うように配合して誕生した「草根木皮たまりエキス」がコラーゲンの保湿機能をサポート。

総合評価第3位
ドモホルンリンクル クリーム20 ネバーランド

肌荒れを防ぐ「長白参エキス」が、こだわりのこだわり浸透型コラーゲンの力を後押しし、ふっくら柔らかな肌へ導いてくれる。

ページのトップへ