保湿成分ヒアルロン酸の肌への効果についてご紹介しています!
ネットで売れ筋の保湿クリームリスト!口コミと評判付き

プルンッとした弾力のある肌にしたい!ヒアルロン酸の効果は?

ヒアルロン酸とは?

「ヒアルロン酸」といえば、知らない人はいないのではないかと思うほど認知度の高い美容成分ですね。ここでは化粧品には必ずといっていいほど含まれているヒアルロン酸について説明していきます。

ヒアルロン酸は化粧品に使われているので、外部から摂取する成分と思いがちですが、実際は人間の体内にも非常に多く存在しています。皮膚だけでなく目や関節、筋肉の中など、至るところで働いてくれているんです。

ヒアルロン酸は肌の真皮にある繊維芽細胞で作られます。なので、繊維芽細胞の働きが衰えればヒアルロン酸の生成が滞り、水分減少につながってしまいます。

ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸は1グラムで6リットルの水分を保持できるほど高い保水力と粘性を持っているので、肌の細胞同士をくっつけたり、緩衝材の役目を果たしています。つまり、大きくいうとヒアルロン酸は人間の身体全体をうまくつなげるために不可欠なんですね。

ヒアルロン酸は皮膚の水分を保つ上で重要な成分で、ヒアルロン酸が不足すればそれは水分の不足に直結します。水分不足になった皮膚はどんどん乾燥していきますし、肌のハリも失われ、肌荒れやシワ、たるみを引き起こすこともあります。また、緩衝材としての能力が下がることで関節痛になることもあるのです。逆にヒアルロン酸の量を適切に保つことができれば、シワの予防、肌のバリア機能改善など、多くの美容効果が見込めますよ。

しかし、それほど大事な成分なのにヒアルロン酸は加齢によって減少していき、40代後半になると体内のヒアルロン酸濃度も下り坂になっていくそうです。

それならば化粧品に含まれているヒアルロン酸で補おうと考えがちですが、ヒアルロン酸は分子が大きく、摂取しても肌の内部まで浸透していきません。なので化粧品に含まれるヒアルロン酸は角質層の水分蒸発を防ぐ目的で使用されているのですが、最近では低分子のヒアルロン酸も配合されるようになってきたので、化粧品を選ぶ際は低分子のものを選ぶと効果的です。

相性の良い成分と合わせて相乗効果!

ヒアルロン酸はこのように肌だけでなく人間の身体にとって非常に大切な成分です。しかし、その力を最大限発揮させるためにはほかの成分との相乗効果でサポートをしてあげる必要があります。いきなり相乗効果なんて言われてもわからない、と思ってしまうかもしれませんが、ここで挙げる3つの成分「ヒアルロン酸」「セラミド」「グリセリン」が全て入っている化粧品を選べば大丈夫です。

ヒアルロン酸の保水力を十分に活かすためには、まず蓄える水分を取り込む必要がありますよね。そのために役立つのがグリセリンです。グリセリンには強力な吸湿性があるため、肌の水分をしっかりとキャッチしてくれます。この水分をヒアルロン酸が抱え込むことで、高い保水効果が生まれるのです。

また、ヒアルロン酸の保水力はこれまで説明した通りとても優秀なものですが、水分は肌からどんどん蒸発していきます。そこで重要なのは肌の隙間をできる限り埋めて、水分の蒸発を防ぐことなんです。そのときに活躍するのがセラミドです。セラミドは肌のバリア機能を高めて肌の表面を水分と油分でコーティングしてくれるので、ヒアルロン酸が蓄えた水分を逃さずに守ることができます。

ヒアルロン酸高配合のおすすめ保湿クリームBEST3
総合評価第1位
ウフドール モイスチャーリフトGクリーム アルファリゾート

オーガニックグリセリン、加水分解ヒアルロン酸、水溶性グルコシルセラミドの3つの有効成分が圧倒的な浸透力、保湿力を実現。

総合評価第2位
あきゅらいず 秀くりーむ リゾバ.com

東洋ハーブを収集し日本人の肌に合うように配合して誕生した「草根木皮たまりエキス」がコラーゲンの保湿機能をサポート。

総合評価第3位
ドモホルンリンクル クリーム20 ネバーランド

肌荒れを防ぐ「長白参エキス」が、こだわりのこだわり浸透型コラーゲンの力を後押しし、ふっくら柔らかな肌へ導いてくれる。

ページのトップへ